完全あらすじ

ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…3話ネタバレ

更新日:



 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料試し読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

あらすじネタバレ

 

春菜ちゃんの下半身を丸出しにしたおにいちゃんは、しばらく恍惚とした表情で春菜ちゃんのおしりの穴を見つめます。

しかし、とうとう気持ち良さそうだと思って挿入してしまいました。

 

そして、春菜ちゃんが眠って気がつかないのをいいことに、吸い付くようなその穴をじっくり堪能しました。

夢中で抜き差ししていると、そのままおしりの穴に入れたまま中出ししてしまうおにいちゃん。

しかし、春菜ちゃんはまだ気がつかず、気持ちよさそうにすやすや眠っています。すると、その寝顔を見たおにいちゃんは、彼女がとても魅力的な唇をしていることに気がつきました。

妹の成長を感じつつ、おにいちゃんは柔らかいその唇に触れます。

 

そして、ここも気持ち良さそうだから、せっかくだし綺麗にしてもらおうと思い立ってしまいました。

そのまま眠っている春菜ちゃんの口を開けてると、先程果てたばかりの自身を卑猥な音を立てながらねじ込んでいきます。

そして、アイスキャンディを食べさせてあげるからと言いました。

すると、寝ぼけているためか素直に信じてしまった春菜ちゃんは、おにいちゃんのそれをくわえると、美味しそうに舌を使って舐めはじめました。

 

夢中で自身を舐め続けている彼女を見ながら乳首をいじっていると、たまらずおにいちゃんは「おらっ!全部飲め!」などと言ながら、春菜ちゃんの口内に入れたまま果ててしまいました。

それでも春菜ちゃんは相変わらず寝ぼけたままなので、おにいちゃんのそれから溢れ出す液をアイスキャンディだと思って美味しそうに全部飲み干しました。

 

こうして行為を終えた後、一時冷静になったおにいちゃんは、彼女の鼻から出てきた精液を拭ってあげることにしました。

 

しかし、その後始末の途中で、大きく成長した春菜ちゃんの胸を見てしまいます。

はじめはこんなもんだろうなどと気にせずに流そうとしますが、つい気持ち良さそうなその谷間に、またもや自身を挟み込んでしまったのでした。

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料試し読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

-完全あらすじ

Copyright© ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…あらすじ完全版 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.