姉はヤンママ授乳中in実家 3話ネタバレ,無料で試し読み

投稿日:

 

 

『姉はヤンママ授乳中in実家』をネタバレ。

 

 

 前回ネタバレ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

 

 

あらすじネタバレ

 

 

拓哉は、アイカを押し倒したまま無理矢理チ◯コを入れていきます。

 

 

アイカ

「拓哉…!だめぇ……!」

 

 

じゅぷ…じゅぷぷ!

 

 

拓哉は生でアイカの中に挿入し、感触を味わっていきます。

 

 

拓哉のチ◯コは大き過ぎてアイカの奥を突いてくるので、アイカは気持ちよ過ぎて声を出さないように我慢するので精一杯です。

 

 

襖越しには子どもたちが寝ています。

 

 

バレるのもマズいし、実の姉弟なのでアイカは今にも泣きそうな顔で拓哉にやめるように頼みます。

 

 

それでも理性を失った拓哉はやめようとしません。

 

 

拓哉

「やばい…何だこれ!気持ちよ過ぎ…‼︎」

 

 

パン‼︎パン‼︎

 

 

拓哉の激しい突きで、アイカは感じてしまっています。

 

 

レ◯プ同然であっても、拓哉はアイカとのセ◯クスに没頭します。

 

 

アイカは自分の子どもが近くにいるのに、旦那以外とセ◯クスしていることに後ろめたさを感じながらも快楽の渦へ溺れていきます。

 

 

その一方で、拓哉は本能のままアイカの巨乳に吸い付きながら腰を振り続けます。

 

 

拒否していたアイカですが、反射的に拓哉を両足でガッチリとロックしてしまいます。

 

 

そのせいで中出しするしかない状態を作ってしまいます。

 

 

拓哉とアイカは同時に絶頂に達してしまいます。

 

 

どぴゅ‼︎ぶりゅりゅ‼︎

 

 

ビクビクッ‼︎

 

 

2度目の射精と、セ◯クスの快楽を味わった拓哉は我へと帰ります。

 

 

自分がしてしまったことに反省して、アイカに謝ります。

 

 

拓哉

「ご、ごめん‼︎姉貴!」

 

 

やっと正気に戻った拓哉を見て、アイカは顔を赤くしながら苦笑いを浮かべています。

 

 

疲れてグッタリした2人は、ソファーに座って話し始めます。

 

 

アイカ

「まぁ…私もかなり悪ノリしたから、そんなに落ち込むなよ」

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

 

 

そこから数日後…

 

 

アイカは子どもをあやしていました。

 

 

拓哉はあの日の事があり、アイカへの性欲が増していき、ずっと我慢していました。

 

 

我慢が限界に達し、拓哉はアイカに抱きついて巨乳を揉みしだきます。

 

 

アイカはやめるように言うのですが、ダメだと分かっていても感じてしまいます。

 

 

アイカも顔を赤くしながら甘い吐息を漏らし始めます。

 

 

アイカ

「ちょっ‼︎やめっ…ああぁん‼︎」

 

 

拓哉

「ごめん姉貴っ!ヤラせて‼︎」

 

 

アイカは拒否しようとしますが、拓哉はまた理性を失っており勃起したチ◯コをアイカに押し付けます。

 

 

アイカ

「せめてこの子が寝てからっ!」

 

 

拓哉の性欲は少しの時間も抑える方ができず、アイカのズボンを剥ぎ取ります。

 

 

そのままバックでアイカの中に突っ込んでしまいます。

 

 

次回ネタバレ

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

 

-チンジャオ娘作品

Copyright© 姉はヤンママ授乳中in実家 ネタバレ,無料試し読みzip , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.