305号室のオンナ第5話ネタバレ&無料立ち読み

更新日:

 

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」をネタバレします❤

 

 

 前回はコチラ 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」(第5話)を紹介します。

毎日のように須郷に犯される若妻の楓さん。

日に日に、体が勝手に感じていくのが自覚できます。

それに、毎回中出しですから、妊娠する可能性があります。

なんとかしなければ、と思うある日、なんと夫の柊希が須郷を食事に招いたのでした。

というのも、楓の知らないうちに、夫と須郷は友人関係になっていたのです。

「教師って、生徒にムラムラするものなんですか?」

などと、食事をしながら、きわどい話題で盛り上がるなか、須郷はテーブルの下でローターを楓さんに渡しました。

アソコにローターを入れてこい、という須郷の密命です。

断ることはできません。

動画をバラまかれるわけにはいかないのですから。

別室でアソコにローターを入れて戻ってくると、話題は子供のことになっていました。

須郷がローターのスイッチを入れました。

「くぅぅっ……」

くやしいことに、須郷のチンポで開発された体は、すっかり感じやすくなっています。

(だめっ、イッちゃうぅっ!)

「おや、どうしました? 顔が赤いですよ?」

しらんぷりで、須郷が問いかけてきます。

「なんでも……ないです……」

必死に耐えていた楓さんですが、ローターの振動が続き、やがては、びくびくっ、とイッてしまいました。

須郷は、さらに楓さんを凌辱することを考えます。

食事が終わると、帰るふりをして、クローゼットに隠れました。

そして、柊希さんがソファでうたた寝し始めると、楓さんに襲いかかったのです。

ソファで寝ている柊希さんのすぐ横です。

楓さんは裸エプロン状態にさせられ、須郷のデカチンをハメられようとしています。

「いやっ! 声……抑えられないから……」

「へっへっ、旦那に聞かせてやればいいんですよぉ」

大きなペニスを、ズブズブとハメこみました。

「くぅうう!」

「ずぶ濡れじゃないですかぁ! ドスケベな奥さんですなぁ!」

「ちがぁ……」

楓さんは、感じてしまうのですが、夫のそばで声を出すわけにはいきません。

なんとかこらえようとします。

その表情が須郷のサド気質を刺激します。

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

パンッ、パンッ、といっそう激しくチンポを打ちつけます。

「ひぃいいいっ! パンパンしないでぇっ!」

楓さんの体のなかで、官能は確実に高まっていきます。

さすがに物音に反応したのか、柊希さんが寝言を言います。

「愛してるよ、楓……」

「わたしも……ダーリン、愛してるぅ」

それを聞いて、須郷が意地悪く言います。

「さあ、早く終わりたいなら、おねだりしなさい!」

楓さんは、心のなかで夫に謝ります。

(ごめんなさい、あなた。わたし……イキたい……!)

そしてついに、

「ザーメン、欲しいのォ! 子宮いっぱいに汚してぇぇっ!」

と叫んだのでした。

すかさず須郷が、ビュルルッ、とザーメンを注ぎこみました。

「はぁはぁ……とうとう、立派な肉便器になりましたねぇ」

崩れ落ちる楓さんを見おろして、須郷は満足そうです。

「ごめんなさい、あなた。わたし……本気で、なかに出してほしい、って思ったの……」

涙を浮かべる楓さんのそばで、夫は平和に寝ているばかりです。

……ということで、第6話に続きます。

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



-305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

Copyright© 305号室のオンナ ネタバレあらすじ,無料試し読み , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.