305号室のオンナ第6話ネタバレ&無料立ち読み

更新日:

 

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」をネタバレします❤

 

 

 前回はコチラ 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」(第6話)を紹介します。

 

何度も中に出されてしまった楓は、生理の周期がずれてしまっていることに気がつきます。

ついにデキちゃったのではないかという不安がこみ上げ、いてもたってもいられなくなります。

こうなってしまった以上、もう誤魔化しは通じません。

それならいっそ、証拠隠滅してしまおうと楓は考えるのでした。

それ以来、楓は子育て本をテーブルに置いて妊活アピール。

さらに、夫婦の営みを誘発するために、イチャイチャする時も旦那さんの股間を刺激。

楓の旦那さんは優しいので、すぐに楓が子供が欲しいのだと察して、ベッドに連れて行きます。

楓は旦那さんの側にいながらも管理人さんとの過ちに対する不安に怯えています。

そして、しまいには自分を正当化し始めます。

自分は管理人さんに汚されたけど、世の中の大半の女は、別の男に抱かれても結局違う人と子作りしている。

だから、汚れているのはわたしだけではないのだ、と。

そして、絶対にバレないのだと自分を安心させます。

楓は、ベッドで甘い声で旦那さんに呼びかけます。

旦那の柊希は、避難なしで挿入することに少し緊張しているようです。

楓はじぶんも初めてだからと、ついに嘘をついてしまいます。

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

そして、そのまま赤ちゃんを作ろうねと意思表示。

ちょうど騎乗位の状態だったので、旦那さんは楓にそのままの体勢でいいのかと問いかけます。

そんな旦那さんに楓は、顔見ながら作りたいのだとごまかします。

どちらにせよ、赤ちゃんを作ることには乗り気の二人。

そのまま事に至ります。

久しぶりに旦那さんに抱かれたことで、幸せを感じる楓は、そのまま快楽に集中します。

しかし、旦那さんと繋がったあとに、なぜか入っていないような気がして違和感を感じます。

しかし、旦那さんに愛を囁かれて、それに対し幸せな顔で応じ答えます。

結局、ちゃんと挿入されていることは確認できましたが、楓は何か物足りません。

旦那さんとの子供を産まなくては、旦那さんのモノでなくてはダメなのに、感じない自分の体に落胆してしまいます。

しかし、もっと快感を得ようとして楓は激しくうごいてしまったので、あっけなく旦那さんは達してしまったのです。

しかし、旦那さんに注がれている感覚がなく、楓は本当に中に出ているのか疑問に思います。

楓はすぐにもう一回しようと強請ります。

そして、彼に怪しまれないよう、今度はゆっくりと動きながらその日2回目の行為を始めるのでした。

しかし、イッたばかりなのにすぐに始める楓に、やはり旦那さんはいつもと違うと違和感を感じているようです。

楓はそんな旦那さんを安心させようとその違和感を否定します。

そしてゆっくり動く楓ですが、やはりそのくらいの刺激では満足できません。

先ほどのように早く動いてしまいます。

そして、旦那さんが一番好きなのだと叫びます。

まるで必死に自分に言い聞かせているようです。

はしたない楓の姿に、旦那さんはびっくてしまいます。

しかし、そのまま興奮が高まって2回目の射精。

どこか勢いのない旦那さん。

どうやら二回も出したことはないらしく、歳も歳なのでキツかったようです。

楓は感謝しつつも、まだイッていないので物足りなく感じてしまうのでした。

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



-305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

Copyright© 305号室のオンナ ネタバレあらすじ,無料試し読み , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.